ヤミ金融に注意しましょう

ヤミ金融の代表的な事例を紹介します

違法な業者の融資を受け、高金利・厳しい取立てなどの被害にあわないためには、その手口を知り、違法な業者を利用しないことです。融資を受ける際には、正規の貸金業登録業者であるか必ずチェックしましょう。

 

悪質業者の検索
実在する業者やその関連会社を装ったり、無登録でありながら貸金業登録番号の詐称等で悪質な勧誘等が判明した悪質業者を検索できます。
借入れや申込み等、相手への連絡は一切しないでください。また、甘い勧誘にはくれぐれもご注意ください。


紹介屋

多重債務者に対して、あたかも自分が、低金利で融資するかのように思わせて、実際には全く関係の無い他の業者を紹介し、そこで借入れした金額の一部を紹介料・手数料などと称してだまし取る業者。

整理屋

多重債務者に対して、債務を整理します(一本化します)、などと広告し「整理手付金」などの名目で、手数料をだまし取る業者。実際には、いいかげんな手続きをする場合が多く、ひどい場合は、何も手続きをしないこともある。

買取屋

クレジットカードで換金性の高い商品を買わせ、それらを定価以下の安い金額で買い取り、多額の手数料をだまし取る業者。債務者には、手数料を引かれた現金が残るが、クレジットカードで商品を購入した債務も残る。

090金融

「090」で始まる携帯電話の番号と業者名のみを勧誘チラシに記載し、正体を明かさずに、違法な高金利で融資を行う無登録業者。 事務所などを用意せずに活動しており、非常に摘発が困難である、厳しい取立てで、債務者を追い込むことが多い。

システム金融

資金繰りに困った中小・零細企業に対して、ダイレクトメールやファックス等で勧誘⇒担保を取り融資⇒最初の業者が厳しく取立て⇒別の業者から融資の案内が届き、借り換えを勧誘⇒複数の業者が債務者情報を共有し、次々と融資を行う。
会社を倒産させまいとする弱みにつけ込み、この方法を繰り返し行うことにより、借入を雪だるま式に膨れ上がらせ、やがては破産に追い込む。

押し貸し

主に多重債務者を狙い、勝手に現金を口座に振り込み、法外な利子を請求します。 インターネットのサイト上で、口座を公開している場合も、注意が必要です。ネット上での個人情報の管理には、いっそうの注意が必要な時代になってきました。

チケット金融

金券ショップを装い客にチケット(テレホンカード・高速道路通行券)5〜10万円分を代金後払いで買わせる。客は業者が指定した別の金券ショップ等で購入したチケットを3割程カットされ現金を受け取る。代金は1週間後の支払となり、全額が支払えない場合は、延滞金名目に高利の利息を要求される。

家財リース金融

多重債務者に対して、自宅にある家具や電化製品をいったん買い上げたかたちで融資し、実際には自宅に置いたままリース料名目で毎月高額な利息をだましとる業者。同様な手口として車リース金融もある。

名義貸し

「消費者金融会社の調査」等の名目で「いくらの融資枠が取れるかの統計を取るアルバイト」などと称して、消費者金融会社から融資を受けさせる、アルバイト料の支払を受けるとともに、「返済はこちらでやっておく」と発行されたカード(暗証番号)もろとも現金をだまし取る。その後も、集めた現金とカードで返済と借入を繰り返し、事件発覚を遅らしながら、債務を増やし続ける。

登録詐称業者

登録番号の表示に架空の登録番号を使用したり、他の貸金業者の登録番号を使用するなどして、あたかも正式の登録業者だと装い、融資を斡旋する業者。

 
HOME 銀行系 即実融資 女性専用 無利息期間あり おまとめ可能